革靴の豆知識

【保存版】アレンエドモンズの年代判別法を総まとめ

アレンエドモンズの年代判別まとめ
ヴィンテージのアレンエドモンズ、カッコいいなぁ
警察
古い靴が好きな人
小野
わかります

ヴィンテージのアレンエドモンズ、めちゃんこカッコいいですよね。履き心地良いですし。

そしてアレンエドモンズはヴィンテージ革靴では珍しく、製造年をかなり正確に調べることができるんです。

小野
それが魅力の一つでもある

今回は、アレンエドモンズの製造年の判別方法をご紹介したいと思います。

アレンエドモンズは1922年創業の老舗革靴メーカー

アレンエドモンズってなんやねん?
なんやねんオジサン
なんやねんオジサン

という方はこちらをご覧ください。

アレンエドモンズ
米国の誇り?アレンエドモンズの魅力と取扱店舗一覧

続きを見る

アレンエドモンズは1922年に創業した、アメリカ有数の老舗革靴メーカーです。

ヴィンテージ革靴界隈では最も人気のあるメーカーの1つと言えます。

アレンエドモンズの年代判別方法

年代判別の流れ

  1. 特徴からおおよその年代を絞り込み
  2. 4桁数字から製造年の下一桁を把握
  3. カタログを使って答え合わせ

アレンエドモンズの製造年は上記流れで判別可能です。

step.1 特徴からおおよその年代を絞り込む

年代判別に使える特徴

  • インソールのロゴ
  • 小窓の色と中の表記
  • タグの有無とデザイン
  • ヒールやアウトソールのロゴ

これらを確認することで、おおよその年代を判別することができます。

小野
各年代の特徴はこのあと紹介します

step2. 4桁数字から製造年の下一桁を把握する

アレンエドモンズにはサイズや型番のほかに、4桁の数字が革靴の内部に記載されています。

アレンエドモンズのライニング表記

縦文字ロゴ以前のライニング表記

上記がそうです。この4桁の数字の下一桁が、製造年の下一桁に一致するとされています。

例えばこの写真の例でいうと、下1桁が「6」なので「XXX6年」の靴と考えられます。

ただしこの4桁数字、年代等によっては記載がない革靴もあるので注意が必要です。

step3. カタログで答え合わせ

アレンエドモンズは過去のカタログがまとめて公開されています。(全部ではないみたいです)

Allen Edmonds Shoe Corporation - Issuu

step1~2でだいたいの年代がわかるので、あとはその年代のカタログを確認します。

狙った年代のカタログの中に調べたい革靴の型番があれば当たりです。

アレンエドモンズの革靴の特徴とそれぞれの年代

年代判別に使える特徴

  • インソールのロゴ
  • 小窓の色と中の表記
  • タグの有無とデザイン
  • ヒールやアウトソールのロゴ

これらの特徴から年代をおおよそ年代を絞り込めると解説しました。

次は具体的にどんな特徴を持っていると、どの年代の靴と考えられるのかについて紹介したいと思います。

ここでは、初心者が最も見分けやすいインソールに記載されたロゴによる判別を中心にご紹介。

現行ロゴ

現在のアレンエドモンズのロゴ

縦文字ロゴ以前のライニング表記

年代:2014年くらい~

写真の現行ロゴが入っているものはだいたい2014年以降だと考えています。

小野
この辺あまり詳しくないので、間違ってたら誰か教えて

この年代のものは、他にも

  • サイズ表記等がタン裏にある
  • 製造年判別の4桁数字がない

などの特徴があります。

現行ロゴだけに、基本的にヴィンテージとして扱われることはありません。

縦文字ロゴ

アレンエドモンズの縦文字ロゴ

縦文字ロゴ。ヴィンテージとはまだ言えないけどよく見る

年代:1990年前半~2013年くらい

靴を縦に置くと読める方向に刻印されたロゴです。

明確な時期はわかりませんが、1993年くらいから存在してる気がします。

横文字ロゴ(ハイフンなし)

アレンエドモンズの横文字ロゴ(ハイフンなし、小文字あり)

横文字ロゴはヴィンテージの証

年代:1980年代~1990年代前半くらい

革靴を横向きに置くと読める方向に記載されたロゴです。

このくらいの年代からヴィンテージ扱いされることが多いように思いますね。

アルファベット小文字の有無でさらに2つの年代に絞り込めます。

大文字&小文字

アレンエドモンズの横文字ロゴ(ハイフンなし、小文字あり)

年代:1980年代後半~1990年代前半くらい

ヴィンテージのアレンエドモンズで一番よく見るのはこのロゴだと思います。

写真の通り「Allen Edmonds」と大文字・小文字が入り混じって表記されます。

全大文字

アレンエドモンズ大文字期

年代:1980年代前半くらい

「ALLEN EDMONDS」とすべて大文字で記載されます。

インソールの表記が

THE HAND CRAFTED WORLD OF
ALLEN EDMONDS
MADE IN USA

と書いてあります。イカツイ表記です。

参考

上記の画像はなおきさん(@naokisan131)からご提供いただきました!!ありがとうございます!!

他にもオリジナルの箱など、素敵な写真をご提供いただきましたので、以下からご確認いただけます。
革靴
オリジナルの箱
ソール
ライニング表記
小窓

横文字ロゴ(ハイフンあり)

アレンエドモンズの横文字ロゴ(ハイフンあり)

このロゴを見つけるとちょっと興奮する

年代:1960年代~1970年代くらい

いわゆる「斜体ロゴ期」と言われる時代に見られるロゴです。

小野
ヴィンテージ革靴好きから特に人気を集めている年代

この年代の最も大きな特徴は、インソール以外で「Allen Edmonds」の「A」が斜体になっていることです。

小窓の斜体ロゴ

ヒールのトップリフトとアウトソールの斜体ロゴ

  • ライニングの小窓
  • ヒールのトップリフト
  • ソール

これらに記載されたロゴが、写真のように斜体になっていればおおよそこの年代です。

ちなみに、インソールのロゴに関して言えば、「MADE IN USA」の表記があるものとないものがあります。

「MADE IN USA」表記あり

アレンエドモンズの横文字ロゴ(ハイフンあり、USA表記あり)

年代:1970年代の末くらい

1979年くらいから、1980年代前半までのほんのわずかな期間につくられてるものかと思います。

参考

上記の画像はlittletonyさん(@ohmylittletony)からご提供いただきました!!ありがとうございます!!

他にもライニング表記の画像をいただきました。また、後述の赤タグの写真もlittletonyさんからのご提供です。

「MADE IN USA」表記なし

アレンエドモンズの横文字ロゴ(ハイフンあり、USA表記なし)

年代:1960年代~1978年くらい

「Allen-Edmonds」とハイフン付きで記載され、下に「MADE IN USA」の表記がありません

タグでの判別:赤タグ

アレンエドモンズの赤タグ

年代:1950年代~60年代初期くらい

ここから先は、インソールのロゴではなくタグでの判別の方が簡単です。

上の写真の赤タグは、だいたい1950年代~60年代初頭までの間に制作されたものだと思います。

インソール:Ostendo表記

アレンエドモンズのOstendo表記ロゴ

赤タグはインソールのロゴの表記が「Ostendo」と表記されています

タグでの判別:青タグ(筆記体)

年代:1940年代くらい

小野
青文字の筆記体で書かれたタグが付いています

なお、ここから先は画像がありません。
誰か持ってる方いたら、ぜひ資料として画像を送っていただけると喜びます。

小野
ご提供いただける場合はぼくのTwitterアカウント宛にDMをください

タグでの判別:青タグ(ブロック体)

年代:1930年代後半くらい

小野
青文字のブロック体で書かれたタグが付いています

タグでの判別:Osteo-path-ikタグ

年代:1920年代~1930年代前半くらい

小野
足のイラストの中に「Osteo-path-ik」と書かれたタグが付いています

アレンエドモンズの年代判別 練習問題

年代の判別法がわかったと思うので、練習してみましょう。

今回年代を判別するのはこちら。

ぼく所有のアレンエドモンズの1足

小野
革の質感が特徴的です

① 革靴の特徴を調べる

インソールのロゴは横文字ロゴ(ハイフンあり)

こちらからわかるとおり、横文字(ハイフンあり)ロゴです。

つまり1960~70年代のものと推測できます。

いわゆる「斜体ロゴ期」なので、その他の特徴も確認してみましょう。

小窓の斜体ロゴ

ヒールとアウトソールの斜体ロゴ

  • 小窓
  • アウトソール
  • ヒールのトップリフト

この3か所にはっきりと斜体ロゴが確認できますね。

アウトソールやトップリフトは交換されていることも多いので、オリジナルで残っているとテンションが上がります。

② 4桁数字を確認

ライニング表記

今回は「3726」なので、末尾は「6」です。①の結果も踏まえると、

  • 1976年
  • 1966年

このいずれかと考えられます。

③ カタログで確認

ここまで来たら後はカタログで確認です。

Allen Edmonds Shoe Corporation - Issuu

ただ、残念ながら1966年のカタログは格納されてませんでした・・・。

でも1976年のカタログは無事に保存されていますね。中を調べると・・・

Tulane

画像引用元:Allen Edmonds 1976 catalog

ありました。型番7804なので間違いなさそう。
というわけで、今回の対象である

ぼく所有のアレンエドモンズの1足

こちらの革靴はおそらく1976年につくられたものと考えられるわけです。

Allen Edmonds Tulane 1976年製を買いました
70年代のアレンエドモンズ 激レアなサメ靴を買いました

続きを見る

まとめ:ヴィンテージ革靴は浪漫

中古の革靴ってだけで忌避感のある方もいると思いますが・・・個人的にヴィンテージ革靴にはすごく浪漫を感じます

数十年前に外国で作られた革靴が、大切に扱われた結果、巡り巡って自分の前に訪れる。

そんな革靴が自分の足にピッタリだったら、それはもう運命といって差し支えないと思うのです。

そしてアレンエドモンズはほぼ正確に製造年がわかるため、それもまた余計に魅力を感じるんですよね。

そして製造年を判別し、カタログの情報を見ることで

  • 革の名称
  • 色の正式名称
  • ラスト(木型)

など、より正確に革靴の情報がわかるので、さらに愛着が湧くんです。

ぜひ皆さまも、アレンエドモンズの革靴を手にした際には、それがいつこの世に作り出されたものなのかを確認してみてください。

-革靴の豆知識
-

© 2020 nono-blo(ノノブロ)