革靴メーカー・モデル紹介

70年代のアレンエドモンズ 激レアなサメ靴を買いました

Allen Edmonds Tulane 1976年製を買いました
ビンテージのアレンエドモンズっていいよなぁ
ビンテージシューズが好きなサメ
ビンテージシューズLOVER
70年代以前のアレンエドモンズ、欲しいなぁ
ビンテージシューズが好きなサメ
ビンテージシューズLOVER

という欲に塗れた汚い大人に、ぼくの70年代アレンエドモンズを自慢します。

小野
今回はマジでそれだけの記事w

買ったのは76年製のTulane

Allen Edmonds TULANE

基本的データ

ブランド アレンエドモンズ
(Allen Edmonds)
モデル Tulane
デザイン サドルシューズ
羽根 内羽根
靴底 レザーソール
ラスト Ethan
製法 360度グッドイヤーウェルト製法
生産国 アメリカ
製造年 1976年
型番 7804
ブラック
甲革 シャークスキン、カーフ
サイズ US 8.5
ウィズ B

主な仕様としては表にまとめた通りです。

製造年代はおそらく1976年

ライニング表記

ライニング表記。右下の文字列から製造年の一の位を把握

インソールのロゴ刻印

インソールに刻印されたロゴ。ブロック体&ハイフン付きはおおよそ60~70年代

小窓

右足のロゴ表記小窓。斜体ロゴであることがわかる。これも60~70年代。

ソールとヒール

ソールとヒールもオリジナルでした

これらの特徴から、1976年に製作された革靴と判定しました。

実際、1976年のカタログに掲載されてます。

アレンエドモンズの1976年のカタログ画像引用元:アレンエドモンズ公式カタログ(1976年)

アレンエドモンズの年代判別法はこちらの記事にまとめています。

≫ 【保存版】アレンエドモンズの年代判別方法まとめ

希少性の高いサメ革のサドルシューズ

カタログからもわかる通り、今回の革靴にはサメの革が使われてます。

小野
シャークスキンとか呼ばれますね
  • 気性が荒く、求愛行動で噛みついたりするのでキレイな皮が少ない
  • 養殖が難しい
  • 加工に特殊な技術が必要

こんな理由から、サメ革はとっても希少性が高い素材です。

そんなサメ革とカーフの組み合わせでできたサドルシューズ。たまりませんね。

サドルシューズってデザインがそこまで好きじゃなくて、これまで欲しいと思ったことなかったんですけど。

黒同士なんだけど質感が違う革を組み合わせている今回の靴のデザインはめちゃんこカッコいいと思います。

写真で見るTulane

※ いつものことながら、写真だけ見ればOKです。文章は無視して大丈夫w

Tulane01

購入したのは高円寺の古着屋さん。2019年の年の瀬に開かれたVSM(Vintage Shoes Meeting)で高円寺めぐりをしてる最中に出会いました。

Tulane02

「今年はもう靴は買わない」と決めてたのもあり、最初は全く買うつもりなかったんですが、試着してみたらピッタリだったので物欲に抗えませんでした。

Tulane03

1970年代につくられた靴が、巡り巡って自分の足元に来て、ピッタリサイズ。ビンテージシューズはこの運命的ともいえる出会いがたまりません。

Tulane04

状態はあまりいいとは言えませんでした。履き口周りにダメージがあり、ヒールもすぐに交換が必要な状態。何より超汚かった。ガム踏んでたし。笑

Tulane05

何はともあれメンテナンスをしっかりした結果、ここまで回復。まだまだ履けそうです。

Tulane06

本当は丸洗いしようと思ったんですが、古い靴なのでリスクが大きいと考えて止めときました。

Tulane07

なおメンテナンスはこちらの記事で紹介した内容と同じ方法で行いました。

プレメンテ
【必須】革靴を履く前の正しい「プレメンテ」のやり方【寿命が延びる】

続きを見る

Tulane08

これからよろしくお願いします。

Tulane09

-革靴メーカー・モデル紹介
-

© 2020 nono-blo(ノノブロ)