キャリア・転職

Webディレクターの平均年収は446万円!年収アップできる4つの方法

Webディレクターの年収を上げる4つの方法
未経験だけどWebディレクターになりたい。在宅で働けて、しかも給料も良いって聞いたんだけどマジなの?
Webディレクターになりたい人
Webディレクター志望者
Webディレクターの仕事も慣れてきた。そろそろ給料上がってほしいのに。どうやったら上がるのこれ?
中堅Webディレクター
中堅Webディレクター
小野
Webディレクターはぶっちゃけ特別給料が高いわけじゃないです。でも給料をガツっと上げる方法は存在します

ぼくは現役バリバリのWebディレクター。Webマーケ会社からスタートし、現在は事業会社でサービス開発やマーケティングなんかを行ってます。

キャリアの中で、年間の収入を7桁(の真ん中くらい)は増やしてきました。

今回はぼくのこれまでの経験を踏まえて、

  • Webディレクターの平均的な年収
  • Webディレクターとして年収を伸ばす方法

こういった内容の解説をしたいと思います。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

年収を語るうえで欠かせないのが、仕事内容です。

Webディレクターがどんな仕事をしてお金を稼いでいるかというと、一言で言えば「Web制作における現場責任者」です。

Webディレクターの仕事(一部)

  • 企画提案
  • サイト基本設計
  • クオリティ管理
  • スケジュール管理

こういった仕事をしながら、Webサイトの企画から完成まで推進していきます。

実際に自分でプログラミングやデザインをすることはなく、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • コーダー

こういった専門職の方々を巻き込み、チームを率いて仕事をするのが特徴です。

年代別・Webディレクターの平均年収

Webディレクターの年代別の年収

つまりWebディレクターはWeb制作チームのリーダーなわけですが、お金はどのくらいもらってると思いますか?

小野
答えは446万円

Webディレクターはちょっとだけ年収が高い

年代 Webディレクター 日本全体
全世代 446 万円 441 万円
20代 365 万円 345 万円
30代 462 万円 442 万円
40代 533 万円 507 万円
50代 554 万円  622 万円

参考:平均年収ランキング 最新版

これは年代別のWebディレクターの平均年収と、日本人全体の平均年収を比較したデータです。

40代以下は全体平均に比べて、Webディレクターの方が20~30万円ほど年収が高いことがわかります。

これはたぶん、Webディレクターは都市圏で働いてることが多く、そもそも平均給与が高い地域にいることが理由と思います。

小野
なので、他の職種と比べて極端に給料がいいというわけではないんじゃないかなと。笑

ただし50代以上で一気に全体よりも年収が下がってます。おそらく

  • Webディレクターは全体的に若い
  • 昇進=年収UPすると職種が変わる

といったことが理由と思われます。
50代以上になるとWebプロデューサーやPdMになったり、経営層に行くなどして、「Webディレクター」じゃなくなることが多いです。

女性は特に稼ぎやすい?

年代 Webディレクター 日本全体
男性 498 万円 545 万円
20代 408 万円 293 万円

参考:平均年収ランキング 最新版

面白いのがこのデータ。
男女別の平均年収を日本人全体と比べてみました。

全体平均と比べて、年収は明らかに男性が安く、女性が高いですね。

小野
これもおそらく、年齢層の影響

Webディレクターは出世すると職種が変わることが多いので、給料の高い人が含まれていない。だから男性の給料は低めに見える。

逆にパートの主婦とかはWebディレクターにはほとんどいないので、女性は全体平均より高く見える。

小野
単純に見ると男性がハードモードに見えますが、そうではありません

※ ちなみに男性の方が女性より90万円ほど平均年収が高いですが、出産や子育てなどの影響を考えると、他の職種より男女差は小さい方ですね。

Webディレクターが年収を上げる4つの方法

Webディレクターが年収を上げる方法

平均年収がわかりましたけど、あなたは高いと思いましたか? それとも、安いと思いましたか?

小野
ぼくは「安っ!」って思いました

Webディレクターの大変さを知ってますから。そして、

小野
ぼく、既に本業だけでも50代~の平均年収よりもらってますし

世のWebディレクターはこんだけしかもらってないのかと。もっと工夫して、お金をもらった方がいいです。

次は、ぼくが実際にやってきた「Webディレクターとして年収を上げる方法」を紹介します。

Webディレクターの年収UP方法

  1. スキルアップ
  2. キャリアアップ
  3. 好条件で転職する
  4. 副業・独立で稼ぐ

年収を上げるために重要な方法はこれ。解説していきます。

方法① スキルアップ

Point!

  • まずは基本能力を磨け
  • 次に自分の得意分野をつくる
  • 成果に直結する能力を身につけろ
小野
王道中の王道

自分の価値を高めることで給料を上げます。

まず基礎能力:ディレクションを鍛える

まずは何と言っても、Webディレクターとしての基礎能力であるディレクションが出来ないとお話になりません。徹底的に鍛えてください。

ディレクションでやること

  • 企画・提案・交渉
  • チームマネジメント
  • クオリティマネジメント
  • スケジュールマネジメント

ディレクションでやるのはこんな感じのこと。
それぞれの精度を高め、早く確実にできるようになりましょう。

例えば企画・提案・交渉力を鍛えれば、高単価の案件も受注できるようになり、売上高に直結します。

小野
売上につながる仕事は評価につながりやすく、給料も上がりやすいです

次は応用:得意分野をつくる

一口にWebディレクターといっても、バックグラウンドはいろいろです。

Webディレクターのバックグラウンド例

  • ずーっとWebディレクター
  • マーケティング出身
  • エンジニア出身
  • デザイナー出身

それぞれキャリアに応じて得意分野が違います。自分の得意分野を伸ばすことは、給料アップにも効果的です。

スキルアップの方法:場数か学びの時間を増やす

スキルは一朝一夕では身につきません。

  • 本や学校で知見を増やす
  • 副業や本業で得た知見を試す
  • とにかく場数を踏んで身につける

このように、とにかくインプットとアウトプットを繰り返すしかないです。

小野
個人的にはブログやサイトの運営がオススメ

≫ Webディレクターなら全員副業ブログをやるべき3つの理由

あとはプログラミングスクールで開発やデザインの勉強をするのも死ぬほど効果あり。

登録すべきプログラミングスクール

方法② キャリアアップ

Point!

  • 上位職種にステップアップ
  • 予実管理・リスク管理を身につけろ
  • 全体統括をして0→1をする人になる
小野
要は昇進です

Webディレクターより上の職種にいくことで給料を上げます。

Webディレクターの上位職種

会社によって呼び方は違いますけど、こういう職種が該当します。

Webディレクターの上位職種(例)

  • PdM(プロダクトマネージャー)
  • Webプロデューサー
  • Webコンサルタント

Webディレクターとの違いは、主に予実やリスク管理をするかどうか。会社内でのリソース調整なんかも仕事のうちです。

サービスや事業の全体を統括します。
サービス全体での売上や利益に責任がある立場です。

キャリアアップの方法:チャンスをもぎ取ってものにする

これはもうチャンスをもぎ取ること。
そしてもぎ取ったら死に物狂いで挑戦し、ものにするしかありません

今いる会社にそういった仕事にチャレンジしていきたいと伝えてください。

「まだ早い」と言われるなら、それは自分が雑魚ということ。スキルアップをして評価を高めるしかない。

逆にスキルがあるのにそういったチャンスが無いなら、転職した方が良いです。そこにいるとあなたの成長は止まります。

小野
成長が止まるってことは、つまり給料はそこでストップ

キャリアアップ目的の転職は難易度高めです。出来ないことに挑戦するわけですから。

なので転職エージェントとよく相談すると良いです。ぼくも転職でキャリアアップして、年収が100万円以上上がりました。

応援してます。
ぜひキャリアアップに繋がる次の場所を見つけてください。

≫ Webディレクターが絶対使うべき転職エージェントランキング

方法③ 好条件で転職する

Point!

  • より条件のいい会社に転職
  • キャリアアップ効果もある
  • エージェントの活用が重要
小野
実はこれが一番手っ取り早い

より条件のいい(給料が高い)会社に転職することで給料を上げます。

今いる会社で評価されるには、今の自分より明らかに成長しないといけません。

でも転職の場合、比較対象が無いですよね。過去の自分を知らないので。

だから「なんかこいつデキるっぽい」と思わせればOK。それだけで給料が上がったりします。

小野
楽勝ですね

転職で給料を上げるために変えられるもの3つ

転職で給料を上げるには、今いる場所と比較して、こういったものを変えるとうまくいきやすいです。

給料を上げるために変えられるもの

  • 地域を変える
  • 業界を変える
  • 職種を変える

都心の方が給料が高いので、上京するのも1つの方法。

また

  • 制作会社 → 事業会社
  • アパレル業界 → 金融業界

など、より儲かりやすいビジネスモデルや業界の会社へ変えると給料は高くなります。

あとは方法②で解説したとおり、職種をグレードアップさせて転職すれば給料は当然上がりますよね。

好条件で転職する方法

転職で年収を上げるのは、そこそこ難易度が高いです。

今の年収がよほど低いか、明らかスキルが高くない限り給料はほとんど変わりません。

実力がしっかりあることは当然で、そのほかに

  • 良い会社に応募する
  • 面接で高評価を勝ち取る
  • 良い雇用条件を交渉する

こういったことが本当に重要。
会社側は「より優秀な人材をより安く雇いたい」と思ってるわけなので。

こういった対応をすべて転職者が自分でやるのはハードルが高いです。ですので、プロである転職エージェントと一緒に活動することをオススメします。

あまり深く考えることは少ないですけど、転職エージェントって超便利なのに利用は無料ですからね。神です。

給料を上げたいなら、転職エージェントを使い倒してください。

≫ Webディレクターが絶対使うべき転職エージェントランキング

方法④ 副業・独立で稼ぐ

Point!

  • 収入減を増やす
  • Webディレクターは有利
  • まずはブログ解説が超オススメ
小野
ここまで紹介した方法が「王道」なら、これは「邪道」な方法

サラリーマンならわかると思いますが、本業の給料ってそう簡単には上がりません

なので、

  • 副業で収入減を増やす
  • 独立で利益をすべて自分の取り分にする

こういった方法で収入を増やします。

副業・独立で稼ぐ方法:まずはブログがオススメ

Webディレクターはクッソ副業・独立しやすい職業です

WebディレクターはWebのゼネラリスト。
一人でプロジェクトを企画し、推進していく力があります。

従ってWebディレクターは副業や独立に必要な能力をすでに持ってることが多いんです。

まずはブログやサイトを作って「自分1人で稼ぐ感覚をつかむ」ことから始めましょう。

≫ Webディレクターなら全員副業ブログをやるべき3つの理由

まとめ:Webディレクターの年収はフツーだけど上げる方法がある

Webディレクターの年収は全体平均に比べてほんの少し高いです。ただし合コンでモテるとか、そういうレベルではありません。

でもWebディレクターは自分の頑張り次第で年収を大きく上げることが可能。

Webディレクターの年収UP方法

  1. スキルアップ
  2. キャリアアップ
  3. 好条件で転職する
  4. 副業・独立で稼ぐ

どれもぼくが実践してきた方法です。
そのおかげで、これまでかなり年収を上げることができました。

年収が上がるって、単純に自由に使えるお金が増えるだけじゃないんですよね。

大きな仕事ができるとか、自由に動けるとか、そういった価値があるんです。

ぜひ今回紹介した方法を試して、年収を上げられるように頑張ってみてください。

-キャリア・転職

© 2020 nono-blo(ノノブロ)