キャリア・転職

【年代別】未経験からWebディレクターになる方法と有利な資格を現役Webディレクターが解説する

年代別・未経験からWebディレクターになる方法
Webディレクターになりたいけど、本当に未経験でもなれるのかな?少しでも有利になる資格とかあるなら知りたい
Webディレクターになりたい人
Webディレクター志望者
小野
未経験だろうと誰でもWebディレクターにはなれます。必須な資格もありません。

ぼくは現役バリバリのWebディレクター

現在は事業会社に勤めてますが、以前はWebマーケ会社に所属し、制作案件も担当してました。また現在も副業でWebコンサルをやってるので、Webサイトの新規制作にかかわることも多いです。

ちなみに最近は機会が減りましたが、過去には新卒・中途の採用面接も担当していました。後輩のWebディレクターや、アシスタントの方にいろいろ指導する立場でもあります。

今回はそんなぼくが、Web業界未経験からWebディレクターを志望しているあなたに向けて

  • 未経験からWebディレクターになるメリット・デメリット
  • 未経験でもWebディレクターになる具体的な方法
  • 持ってると(少しだけ)面接で有利かもな資格

こういったことを解説していきます。

WebディレクターはWeb制作における現場責任者

Webディレクターは現場責任者

本題に入る前に、Webディレクターがどんな仕事かを簡単に振り返っておきましょう。

Webディレクターの仕事を一言で言えば「Web制作における現場責任者」です。

  • 基本設計
  • リソース調整
  • クオリティ管理
  • スケジュール管理

こういった仕事をしながらWebサイトの企画から完成まで進めていく責任者がWebディレクターです。

自分で実際に手を動かしてプログラムを書いたりデザインをすることは少なく、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • コーダー

こういった職種の方々でつくられた制作チームの指揮をとる立場として動きます。

未経験からでもWebディレクターになれる

未経験者でもWebディレクターになれる

そんなWebディレクターですが、最近、未経験からの転職希望者が増えているように思います。

経験が無くてもWebディレクターになれるでしょうか
Webディレクターになりたい人
Webディレクター志望者

Web業界未経験の方からこんな相談をもらうことがマジで多い。

ぼくの回答は決まってます。

小野
未経験でもWebディレクターになれなすよ

でもそれなりにデメリットもあります
そこを理解したうえで目指すことが大切です。

まずはアシスタントから入る

さっき解説した通り、WebディレクターはWeb制作における現場責任者、つまりリーダーです。

全くのド素人がリーダーをやることはできません。
だから、最初はWebディレクターのアシスタントとしてスタートすることになります。

  • アシスタントディレクター
  • ディレクターアシスタント
  • ジュニアディレクター

こんな感じで、呼び名は会社によって様々。むしろ求人票では「Webディレクター」として募集していることも多いです。

小野
いきなりWebサイトの企画とかをできると思ってる人が多いですが、夢の見すぎ

未経験の方の最初の仕事はこんな感じ。

未経験スタート時の最初の仕事(例)

  • 既存サイトの運用
  • 新サイトの動作確認
  • 仕様書・納品書の作成

などなど、このような「サイトの制作や運用の補助業務」にをお願いすることが多いです。

Webディレクターのアシスタントとして、運用や制作の現場に混ざり、少しずつWebについての知識・経験を積んでください。

未経験者がWebディレクターになるデメリット

未経験の方がWebディレクターになる場合、それなりに大きいデメリットがあります。

入社してから気付くと挫折しちゃったりするので、ちゃんと理解したうえで面接を受けるようにしましょう。

デメリット

  • 給料が安い
  • めっちゃ忙しい
  • 覚えることが超多い

最初は給料が安い

小野
一番大きいデメリットはこれ

東京の一般的な「未経験OK」の求人(例)

  • 月給25~30万円
  • 年収は300~350万円
  • 見込み残業45時間込み
  • ボーナス無し(稀に決算賞与)

東京でもこんな感じです。
見込み残業が入ってない場合、月給は20万円ちょっとになるイメージ。

小野
ぶっちゃけ、給料は安いよね

若ければ良いかもですが、20代後半以上とかだと、ほぼ確実に年収ダウンだと思います。

とにかくめっちゃ忙しい

小野
Webディレクターは多忙を極めます

クライアントからの要望に対応したり、エンジニアなどチームメンバーからの質問に対応したり、とにかく多種多様な仕事を行います。

小野
エンジニアとデザイナーがやらない仕事は全部Webディレクターの仕事

こう言われることも多いです。
そのくらい、ありとあらゆる業務に対応する。

しかも最初はアシスタントなので、頭よりも手を動かす仕事が多いんです。つまり物理的に時間がかかる仕事が多い

覚えることが多すぎてパンクする

小野
Webディレクターは「Webのゼネラリスト」と呼ばれるくらい、多くの知識・スキルが必要な仕事です

Webディレクターが持つべき知識(一部)

  • デザインの基礎
  • コーディングの基礎
  • プログラミングの基礎
  • マーケティングの基礎
  • クライアントとの交渉術

などなど、挙げればキリがありません。

超多忙なうえに、こういった知識を覚えていかなければならないので、脳みそがパツンパツンになります。

未経験者がWebディレクターになるメリット

デメリットが大きくて嫌になりますが、Webディレクターになるともちろんメリットも同じくらい大きいです。

メリット

  • テレワーク
  • スキルの掛け算
  • 独立や起業がしやすい

テレワークできる会社も多い

小野
最近このメリットが特に大きくなった

Web業界はそもそも先進的な会社が多いので、テレワーク(リモートワーク、在宅ワーク)を取り入れてる企業が他業界と比べて多いです。

最近はコロナウイルスの影響でさらにその傾向が強まってます。

業界 テレワーク実施率
情報通信業 53.4 %
学術研究、専門・技術サービス業 44.5 %
金融業、保険業 35.1 %
不動産業、物品賃貸業 33.5 %
電気・ガス・熱供給・水道業 30.8 %

出典:テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別(パーソル研究所)

これはコロナウイルス対策としてテレワークを実施した従業員の比率です。業界別の平均値になってます。

小野
Web業界が入る「情報通信業」が第一位!!

全業界で唯一、半分以上の人がテレワークをしているということです。

しかもこれ、全職種でこの数字ですからね。
Webディレクターだけに限れば、テレワーク実施率はおそらくかなり高い数字になるはず。

実際、ぼくも数か月会社に行ってません。
とにかくWebディレクターはテレワークしやすい仕事です。

テレワークができると時間に余裕ができるので、副業などの時間も取りやすくなります。また将来的に子供ができても、柔軟に働き続けられます

小野
実際、友人のWebディレクターはテレワークで働きながら0歳児の双子を育ててます

スキルの掛け算で差別化できる

小野
「未経験」がプラスに働くこともあります

未経験ということは、今はWebとは違う業界にいるということですよね。

それはつまり、ずっとWeb業界にいる普通のWebディレクターが持っていない知識・経験を身につけているということです。

今の時代、どんな業界だろうと「Webは不要」と思っている人はいません。それなのにWebを活用できていない業界や会社はすごく多い。

例えば建設業界。
人口減少&不景気で一軒家を立てる人は激減してます。

Webを使って集客したいと思っている会社は超多い。でも建設業界にWebの知識を持つ人は皆無です。

そんな時、過去に建設業界にいたWebディレクターが登場したらどうなると思います?

小野
答えは「引く手あまた」。速攻でWebの責任者になれます

独立や起業に有利な知識が手に入る

小野
Webディレクターから独立・起業する人って超多いです
  • 場所に縛られない
  • 超広範囲のWeb知識
  • 企画と交渉が得意技
  • 第三者に制作してもらうのも得意

たぶんこういう理由だと思うんですが、とにかく1人でビジネスを始める人が多いです。

ぼくは副業ですが、このブログ以外にもメディアを何個か持ってます。あとWebコンサルやディレクターとしてもビジネスしてる。

小野
普通に稼げますね

≫ Webディレクターなら全員副業ブログをやるべき3つの理由

制作会社→事業会社が鉄板

Webディレクターのキャリアステップ

小野
ここから先は、デメリットを知ってもWebディレクターになりたいという方だけ読んでください

Webディレクターになる意思を固めたら、次は働く会社の種類を決めます。

Webディレクターが働く会社は大きく2種類

Webディレクターが働く会社は、その仕事内容で大きく2つに分かれます

  • 事業会社
  • 制作会社

この2つです。

事業会社の特徴

  • 自社でWebサービスを運営
  • そのサービスで収益を出す
  • Webディレクター数が少ない
  • 運用や改善のスキルを重要視

規模が大きい会社も多いです。

作ったサービスが成功すると、会社が成長して給料も上がりやすい。

事業会社の例

制作会社の特徴

  • 他社のWebサイトを制作
  • 制作料として収益を出す
  • Webディレクターの数が多い
  • 運用しないので制作スキルが最重要

ほとんどが中~小規模の会社です。

作って納品すれば終わりなので、労働集約型のビジネスモデルでもあり、極端に大きく儲けることは難しいと言えます。

制作会社の例

未経験者はまず制作会社からスタートがオススメ

未経験でWebディレクターを目指すなら、間違いなく制作会社からスタートするのが良いです。

  • 入りやすい
  • 知識と経験が溜まる

こちらがその理由。

事業会社は(会社の規模によるけど)Webディレクターの数自体が少ないので、経験者を求めるところがほとんどです。

一方で制作会社は単純にWebディレクターの数が多く、そのぶん採用数も多いので未経験でも入りやすい

そして先輩Webディレクターもたくさんいて、かつ制作するサイト数が多いので、Web制作の知識・経験がガンガン溜まります。

小野
Webディレクターとしての進化が事業会社とくらべて圧倒的に早い

経験を積んだら事業会社においでなさい

制作会社はWeb制作のスキルは伸びますが、その後の運用や改善を行いません。

小野
つまりサイトを成長させる経験を積めない

制作会社で一定の経験をしたら、事業会社に転職してそういったスキルを磨くのがオススメです。そうして

  • 制作
  • 運用
  • 改善

これら3つのスキルが揃ったら、転職や独立もしやすくなります。

小野
Webディレクターの中にはスキルが偏らないように、数年おきに制作会社と事業会社を行ったり来たりする人もいますよ

年代別・未経験からWebディレクターになる方法

年代別・未経験からWebディレクターになる方法まとめ

さて、目指す先が決まったら、Webディレクターになるための具体的な方法を見ていきましょう。

年代別に解説するので、自分の年齢に応じて最適な方法を選択してください。

大学生(新卒)の未経験者の場合

Point!

  • 新卒入社すればOK
  • 募集状況も一応確認
  • 人事や先輩に意思を伝えよう

新卒の場合は、普通にWebディレクターを募集してる会社に新卒入社してください。それだけ。

注意点として、ちゃんとWebディレクターが会社にいるかどうかは確認してください。

事業会社の場合、制作自体は外注しているケースもあります。そういった会社にはちゃんとしたWebディレクターがいません。

中途採用のページを見るなどして、Webディレクターの募集があるかどうかや、募集内容を確認してみましょう。

また、新卒は入社後に配属先・職種が決まることもあります。人事や先輩社員に「Webディレクターになりたい」と明確に強く伝えておくことが大切です。

小野
新卒なら楽勝です(個人的に「新卒でWebディレクター」はオススメしないんだけどね)

20代の未経験者の場合

Point!

  • 転職は早いほど良い
  • 転職者としての常識が必要
  • エージェント活用で失敗を避ける

27歳くらいまでなら、未経験でもわりと容易にWebディレクターになれます。28歳以上の人は、次の「30代前半」のところを読んだ方がいいかもです。

この年代の方は、Webディレクターになりたいなら一刻も早く転職してください。

「若い」ということには最大の価値があります。

Web業界は平均年齢が若いので、年齢が上がるほど未経験転職は難しくなります。

  • 納得感のある退職理由
  • 最低限のIT・パソコンスキル
  • ポテンシャルを感じるエピソード

このような社会人の転職者としての一般常識があれば、未経験でも転職は可能です。

ただし時間的余裕があるわけじゃないので、会社選びに失敗しないよう最大限の注意を払ってください。変な会社に入ると数年を棒に振ることもあります。

転職エージェントを活用して失敗のリスクを下げましょう。以下の会社がオススメなので、とりあえず登録してください。

≫ Webディレクター・マーケターが絶対使うべき転職エージェントランキング

30代前半の未経験者の場合

Point!

  • 我慢・覚悟が必要
  • 社会人経験を武器にする
  • Web関連の実績をつくる

34歳くらいまでなら未経験からWebディレクターになれる可能性はあります

小野
ただし超絶狭き門だと思ってください

そしてアシスタントは薄給なので、収入ダウンは避けられません。覚悟してください。

また30代前半ともなると、社会人としても中堅どころ。それなりの経験をして、成果も出してるはずです。

具体的な成果の内容はぶっちゃけどうでもいいので

  • 課題発見能力
  • 課題解決能力(考える力)
  • チームマネジメント能力

こういった、Webディレクターになった後に必ず必要になる能力を示すことが超大切です。これができれば、アシスタントからスタートできます。

転職のプロであるエージェントとよく相談して、戦略を練ったうえで採用面接に臨むと良いです。

さらにWeb関連の実績があると、速攻でWebディレクターになれる可能性が高まります

小野
とはいえ「ブログやってます」程度じゃNG
  • 複数企業からのWeb制作案件受注
  • エンジニア等を含むチームの運営経験
  • 外注のみで月間数十万円の売上のサイト運営経験

こういった経験があれば、そこそこ有利に戦えるはずです。

30代後半以上の未経験者の場合

Point!

  • ぶっちゃけ厳しい
  • フリーになる方が早い
  • とにかく実績を積むのが大事

ぶっちゃけ35歳以上で未経験からWebディレクターとして企業に採用されるのはほぼ不可能です。

小野
最初からフリーランスになる方が早い

まずはプログラミングスクールにあるWebディレクター向けの講座を受けましょう。Web制作全般について解説する初心者向けのものなら何でも大丈夫です。

登録すべきプログラミングスクール

この辺のプログラミングスクールがクオリティと価格のバランスが良く、人気もあるのでオススメです。

また、Webについて勉強をするのと同時に、クラウドワークスなどのクラウドソーシングにも登録してください。

登録すべきクラウドソーシングサービス

こういったところで、少しずつ企業からの依頼に対応する経験を積みましょう

何十社か対応し、一定の収益を得られるようになってください。つまりフリーのWebディレクターになるわけです。

ここまでくれば、その実績をもとにWebディレクター経験者として転職は可能です。

Webディレクターの転職を有利にする資格

Webディレクターが持ってると便利な資格

小野
正直、Webディレクターに資格は必要ない

資格を取る勉強をするくらいなら、

  • 純粋にスキルアップのための勉強
  • 流行してるサービスの利用と分析
  • Web業界の最新技術の習得

こういったことに時間を割いてください。

GAIQは取ってもいいと思う

だだし、唯一GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)だけは取得をオススメします。

≫ Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)の準備方法

これはGoogleアナリティクスの習熟度を認定する、Google公式提供の資格制度です。Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で受けられます

小野
ぶっちゃけGAIQの知名度は低いので、持ってるからといって転職で有利に働くことはないです。笑

でもGoogleアナリティクスに詳しいとWebディレクターとしての実務はもちろん、副業としても非常に役立ちます

実はWebディレクターでもGoogleアナリティクスに詳しい人ってほぼいないんですよ。

小野
Googleアナリティクスを使いこなせるってだけでかなり差別化できます

その他、勉強すると便利な資格

Webディレクターは資格を持ってても転職で有利になったりしません。

でも勉強をする過程で得られるものはあります。
特に未経験者の場合は、そういった勉強の姿勢も評価対象です。

そういう意味で、勉強すると便利な資格を紹介します。

何度も言いますが、資格自体に意味はないです。
勉強した内容に価値がある。

小野
無理に取得しなくてもOKってことを忘れないでください

まとめ:未経験でもWebディレクターになれる

今回お伝えした内容をまとめるとこんな感じ。

  • Webディレクターは現場責任者
  • デメリットも把握して目指すべき
  • 制作会社でスタートがオススメ
  • 20代までは未経験でも楽勝
  • 30代以上は実績も求められる
  • 資格が無くても特に問題なし

未経験からWebディレクターになるのはなかなかハードな道のりです。でも、登り切ったときに得られるものは多い。

ぼくは現役Webディレクターの1人として、Webディレクターの仲間が増えるのは心から嬉しいですし、応援したいと思ってます。

この記事がWebディレクターを目指すあなたにとって、少しでも参考になることを願います。

-キャリア・転職

© 2020 nono-blo(ノノブロ)