Webディレクター

「Webディレクターとは?」を現役の立場から完全解説する【よくわからない職業No.1】

Webディレクターとは
Webディレクターってなんなの?
ゴリラ
Webと無縁な人
給料もよくてリモートワークもできるって聞いたんだけど本当?
Webディレクターになりたい人
Webディレクター志望者
小野
こんな疑問に、現役Webディレクターとして答えます

今は「Webプロデューサー」「プロダクトマネージャー」として働くことの方が多いんですけどね。どちらもWebディレクターの上位職です。

そんなわけでぼくは、Webディレクターの採用や育成を担当する立場で働いてます。いちおう、一部上場企業に勤めています。

今回ぼく自身の過去の経験も踏まえて、「Webディレクター」がどんな職業なのかについて完全解説します。

盛りだくさんな内容でお届けしますが、特に大切なポイントはこの4つ。

ポイント

  • Webディレクターはリーダー役
  • 対応する仕事の範囲は会社によって違う
  • 将来性あり。でもスキル無しは淘汰される
  • 年齢の割に給料高め、未経験でも目指せる

この記事を読んだ方が、Webディレクターとしてより成長したり、Webディレクターになりたいと思ってくれるようなら、ぼくはとても嬉しいです。

Webディレクターはチームのリーダー役

皆を引っ張ってる鴨

Webディレクターは最近になって、こういった理由からとても注目を集めているようです。

  • IT業界の成長
  • 働き方改革の推進
  • リモートワーク(テレワーク)の浸透
小野
でも知らない人にとっては、Webディレクターっていまいちよくわからないですよね

実際これまでWebディレクターをやってきて「で、何やる人なの?」って1万回くらい聞かれてきました

そのくらい、Web業界の中でも特に何やってるかわからない職種が「Webディレクター」です。

小野
まずはWebディレクターがどんな仕事なのかを解説していきます

WebディレクターはWeb制作の現場監督

  • 現場責任者
  • Web制作チームを引っ張る
  • 物事の優先順位を決める立場

Webディレクターの仕事を一言で言えば「Web制作における現場監督」

Webサイト・Webサービスは、

Web制作にかかわる職種(例)

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター

こういった様々な職種とチームを組んで制作します。

小野
Webディレクターはその制作チームにおけるリーダーです

リーダーとして制作の方向性をチームに指し示し、引っ張っていく役目を担います。

物事に優先順位を決め、誰が何をやるのかを指示する立場です。

他のWeb系企画職との違い

Web系企画職の違い

  • Webプランナーはディレクターの一部
  • Webディレクターは現場監督
  • Webプロデューサーは総責任者

Webディレクターとよく比較されるのが、同じWeb系企画職の「Webプランナー」「Webプロデューサー」。

小野
それぞれ上記のような違いがあります

会社によっても違いますが、一言で言えば「偉さ」が違いますね。

キャリア的には

Webプランナー
→ Webディレクター
→ Webプロデューサー

って感じでステップアップしていくことが多いです。詳しくは下の記事で解説しているので、各職種の違いをより詳しく知りたい場合は参考にしてください。

≫ WebディレクターとWebプロデューサー、Webプランナーの違いまとめ

ディレクターの仕事は大きく8つ

Webディレクターの仕事

  1. 企画提案
  2. 要件定義
  3. 制作管理
  4. 納品管理
  5. 運用管理
  6. マーケティング
  7. 各種リソース管理
  8. 誰もやらない仕事

Webディレクターの業務は本当にたくさんありますが、大きく分けると主な仕事はこれら8つです。

1つ1つに様々なスキルが求められます。
そのため、すべてを完璧にこなせるWebディレクターは少ないです。

≫ Webディレクターの8つの仕事内容を解説する

2種類のWebディレクターがいる

Webディレクターの種類と違い

  • 大きく制作会社で働く場合と事業会社で働く場合がある
  • 前者は制作業務がメインなのでディレクション能力が身につく
  • 後者は運用業務がメインなのでディレクション以外の能力が身につく

先ほどお伝えした通り、Webディレクターの仕事は本当に多いです。

すべて1人でこなすのは不可能なので、Webディレクターは働く会社に応じて大きく2つの種類に分けられ、それぞれ担当する仕事が変わってきます

小野
自分がどんなWebディレクターになりたいかを考え、それに必要な能力が身につく場所で働くことがとても大切です

≫ Webディレクターの種類と違いまとめ

Webディレクターは将来性ありまくりの職業

Webディレクターの将来性

WebディレクターはAIで駆逐されるという意見もあって、将来性に不安を感じている人が結構います。

小野
でもこれは嘘

断言します。
間違いなくWebディレクターには将来性がある

その理由がこの3つ。

将来性があると言える理由

  1. IT業界の成長性の高さ
  2. 知識やスキルの高度化・広範化
  3. 人とのコミュニケーションの重要性

ある程度のスキルを持ってるWebディレクターの場合ですけどね。

当然、淘汰されるWebディレクターもたくさん出てくるかと思います。

Webディレクターの将来性や、生き残るための秘訣はこちらの記事で詳しく解説しました。

≫ AIに淘汰される!? Webディレクターの将来性と生き残るための3つの方法

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターに必要なスキル・能力

  1. コミュニケーション力
  2. スケジュール管理能力
  3. 社内外の調整・交渉力
  4. 制作知識・マーケ知識
  5. 情報収集・理解・判断力

Webディレクターはとにかく仕事の幅が広いので、様々なスキルが求められます。

そんな中でも最も重要となるのが、上記5つの能力です。

これらのスキルを1つずつ身につけていくことで、自分にできることが徐々に増え、給料も上がっていきます

≫ Webディレクターに必要な5つのスキルまとめ

スキル・過去の経験によって5つのタイプに分かれる

Webディレクターのタイプ

  1. ピュア
  2. デザイナー出身
  3. エンジニア出身
  4. マーケター出身
  5. その他職種出身
小野
とはいえ、すべてのスキルを100%伸ばすのは無理ですね

経歴・経験によって5つの異なるタイプのWebディレクターがいて、それぞれ得意分野があります。

小野
任される仕事にも違いが出てきます

自分がどんな仕事をしたいかに応じて、必要なスキルを身につけていくことも大切です。

≫ Webディレクターの5つのタイプと特徴・得意分野まとめ

Webディレクターの年収、未経験からなる方法

Webディレクターの給料

小野
Webディレクターの平均年収は446万円

全国平均と比べてほぼ変わりませんが、平均年齢を考えると高めな気もします。

給料を上げるにはこれら4つの方法が有効です。

Webディレクターの年収UP方法

  1. スキルアップ
  2. キャリアアップ
  3. 好条件で転職する
  4. 副業・独立で稼ぐ

≫ Webディレクターの平均年収は446万円!年収アップできる4つの方法

未経験者でもWebディレクターになれる

未経験からなるポイント

  • まずはアシスタントから始める
  • 制作会社からスタートがオススメ
  • 年齢によっては実績づくりが重要

エンジニアやデザイナーなど、Webを理解している方なら希望すればすぐWebディレクターになれます。

それ以外の方がWebディレクターになるには、まずはWeb制作に関する知識をある程度習得しないといけません。

小野
アシスタントからスタートするので、年齢によっては年収は大きく下がると思います

≫ 【年代別】未経験からWebディレクターになる方法

Webディレクターに向いてる人の特徴11個

Webディレクターに向いてる人の特徴

  1. 他人とのコミュニケーションが好き
  2. 好奇心が強く、色んな事に挑戦したい
  3. 責任感が強く、途中で投げ出さない
  4. まめなタイプだが、固執はしない
  5. 何が起きても冷静に対処できる
  6. 情報を集めて実践するのが好き
  7. 複数人で何かをつくるのが好き
  8. 理屈で物事を考え、判断する
  9. 細かいことを考えるのが好き
  10. 自分で決断し、判断したい
  11. 数字が大好き

Webディレクターをやるには向き不向きがあります。適性をしっかり判断するのが大切。

小野
向いてない人にとっては拷問だと思います。笑

上の特徴に当てはまるものが多いほど、Webディレクターに向いてるんじゃないでしょうか。

小野
逆に「自分は真逆だ!」と思うものが多いなら、やめとけ

Webディレクターのやりがい

Webディレクターのやりがい

Webディレクターのやりがいは様々ありますが、代表的なのがこの5つだと思います。

Webディレクターのやりがい

  1. クライアントやユーザーからの感謝
  2. 成果が数字に表れる
  3. 給料は比較的高め
  4. 完成時の達成感
  5. チームの一体感

こういったことに喜びを見いだせる方なら、Webディレクターは天職かもです。

小野
文化祭の実行委員とか好きだった人は楽しめると思いますよ

≫ Webディレクターの「仕事のやりがい」5選

まとめ:Webディレクター、もっと増えてほしい

ポイント

  • Webディレクターはリーダー役
  • 対応する仕事の範囲は会社によって違う
  • 将来性あり。でもスキル無しは淘汰される
  • 年齢の割に給料高め、未経験でも目指せる

今回の記事でお伝えした内容をまとめると、特に大切なのはこの4点かと思います。

未経験からでもWebディレクターを目指すことはできます。スキルによっては大きく稼ぐこともできる職業です。

小野
だから、優秀なWebディレクターがもっと増えてほしい

心からそう思ってます。

なぜかというと、忙しすぎるから。。。
もっとぼくが楽できるように、Webディレクターが増えて欲しいものです。

-Webディレクター

© 2020 nono-blo(ノノブロ)